ZipDrive ロードテスト.targz

ZipDrive ロードテスト

1996-07-04

1995-10-29 より250日使用

しばらく中断していたZipドライブのロードテストですが、ちょっと再開することにしました。


2台目の Zip ドライブを買う

Zip の利点は、ドライブが安いことだ。1台2万円と MO ドライブの半額以下だ。

このたび、実家の Mac のためにもう1台 Zip ドライブを購入することにした。これで、下宿と実家の間でデータを転送するにはメディアだけを持ち運べばよいことになった。いままではドライブも持ち運んでいたのだが、ケーブルの設置が面倒だし機器が痛む恐れがあった。

さて、Zip ドライブを買うために日本橋電気街に出る。休日は人が多くて疲れるので、平日を選ぶ。どの店も2万円付近の値がついている。そのなかで、ソフマップに「空メディア1枚付きで 19000 円」というのがあったのでこれを購入した。ついでにメディア3枚を 5000 円で購入する(MO に比べると高いな〜)。

購入したドライブは日本語版で、日本語化されたドライバがついていた。F Dが5枚あって、Mac 用1枚、DOS/V 用2枚、PC-98 用2枚という構成だ。さらに「ZipTools」という Zip メディアがある。すでに英語版のドライバをインストールしているので日本語版のドライバは一切使用しなかった。その気になれば、「ZipTools」をフォーマットして 100MB のメディアとして使用することもできるが、ちょっともったいない。

上に戻る


使用感

しばらくした後、実家に帰る機会ができたので、Zipドライブも持って帰る。実家の Mac LCIII は 350MB の HD に交換しているが、それでも残り容量が不足気味だ。Zipドライブをつければある程度のデータを退避できるので、HD の残り容量を増やせるだろう。

Zip ドライブを接続して、LCIII の HD から Zip ディスクに一部のデータを退避させる。これによって、残り容量を 60MB 程度確保することができた。めでたしめでたし。

さらに、下宿から持ってきたデータを LCIII に入れる。フロッピーとは違い、大量のデータを高速にコピーできるので快適だ。そして、LCIII 用の緊急ディスクも作っておく。タイミング良くNorton Utilities の最新版(ver 3.2.3J)が入手できたので、それを利用した。

緊急ディスクが用意できたので、ついでに HD の点検を行う。コントロールパネルの「起動ディスク」で、緊急ディスクを起動ディスクに指定して再起動すればよい。

そして、緊急ディスクにインストールされた Norton 先生に診てもらう。特に異常はなかったので、さらに SpeedDisk で最適化も行う。Zip メディアで緊急ディスクを作ると、Norton に付属の FD 版の緊急ディスクなど遅すぎてまるで使う気がしない。Zipの速さにありがたみを感じる。

まあ、わたしのように、2台のリムーバブルドライブが必要な例はちょっと特殊かもしれません(自宅と職場で必要という例はあるかも?)。

さすがに MO を2台揃えるのはかなり予算が張るので難しいでしょうが、Zip ならば簡単です。2台のリムーバブルドライブが必要な人は、Zipはお薦めです。

上に戻る


次回予告

ネタがないので、みなさんの「Zipのここが知りたい」ことを募集しています。メールアンケートで送っていただけると幸いです。

注意

現在は募集していないので、メールしないでください;-)

上に戻る


Copyright © 2004 NAKANO Takayuki. All rights reserved.