ZipDrive ロードテスト.targz

ZipDrive ロードテスト

1996-01-11

1995-10-29 より110日使用

日本橋でZipディスクを5枚ほど入手しました。さっそくハードディスクのデータをバックアップしました。(バックアップ用には640MBのMOがほしいなあ)

今回は、Zipの使いこなしをやってみましょう。そして、Zipはお買い得かどうかをレポートします。

緊急ディスクを作る

Zipは読み書きが高速であるため緊急ディスクに向いています。さっそく緊急ディスクを作って、Zipからの起動をためしてみました。

緊急ディスクの作り方

空のZipディスクににシステムフォルダを入れる
Finderで起動ディスクのシステムフォルダをZipにコピーします。もし、システムフォルダが100MB以上の大きさであれば、フォントフォルダ内のフォントなどの容量の大きいファイルをシステムフォルダから出しておきます。
もしくは、漢字Talk7.5.1のCD-ROMに入っているミニサイズのシステムフォルダをZipにコピーしてもいいでしょう。
システムを簡略化する
緊急時はできるだけ軽いシステムの方がいいので、ある程度整理します。
直接システムフォルダをいじればいいのですが、ある程度知識が必要です。ここでは、手抜きの方法を伝授します。
  1. コントロールパネルの「起動ディスク」を使って、Zipから起動するように切り替えて、Zipから起動させます。
  2. 機能拡張マネージャー」を開き「漢字Talkのみ」を選びます。すると、システム標準以外の機能拡張はOFFになります。どうしても必要な機能拡張は再びONにしておきます。
  3. 再びコントロールパネルの「起動ディスク」を開いて起動ディスクの設定を元に戻して再起動します。
  4. こうすれば、Zip内のシステムフォルダの中の「機能拡張(使用停止)」「コントロールパネル(使用停止)」などのフォルダには不要な機能拡張が入るので、これをゴミ箱に捨てればいいのです。
Norton Utilitiesを入れる
ディスクユーティリティの代名詞である Norton Utilities for Macintosh ver3.2.3J(通称:Norton先生)を入れておきます。マスターディスクからインストールする必要はなく、使用中のアプリケーションをコピーすればいいでしょう。最低限入れるべきなのは、Norton Disk Doctor,Norton Unerase,SpeedDisk です。あとはお好みで入れて下さい。

これでできました。さっそく試してみましょう。

  1. Zipディスクをドライブに入れて、コントロールパネルの「起動ディスク」を使って、Zipから起動するように切り替えて下さい。
  2. Finderから再起動を選びます。一度Zipディスクが吐き出されるので、HappyMacアイコンがでたらすぐにZipを挿入して下さい。
  3. すると、Zipから起動できます。システムフォルダを整理したので、普段より起動が速くなります。うまく起動してFinderがでれば大丈夫です。
  4. コントロールパネルの「起動ディスク」を開いて、起動ディスクの設定を元に戻しておきましょう。

さて、問題はハードディスクにトラブルが発生したときにZipから起動できるがどうかです。コントロールパネルの「起動ディスク」を切り替えずに、外部のドライブから起動させるには、再起動するときに command-option-shift-delete をタイプします。この組み合わせはDOCS(doctorの意味)と覚えればいいでしょう。

上に戻る


Finder & SpeedCopy でバックアップをとる

Zipはバックアップ向きではないとも言われますが、あえてバックアップを行ってみます。確かにMOの方がバックアップに向いてますが、両方買うにはお金がかかります。

わたしのメインマシンでは1GBのHDと730MBのHDを併用しています。そこで、丸ごとバックアップを取るには、それぞれのパーティションで3〜4枚のZipディスクが必要となります。また、ディスクの入れ替えも発生します。

実は、Speed Doublerの「高速入換機能(Speed Replace)」を用いたFinderコピーでバックアップを取っています。これなら、変更のあったファイルのみを更新するので、複数メディアがあっても、時間も短かくて作業は楽です。

なお、Norton Utilitiesには、Norton FastBackというバックアップツールがついています。これを使ったレポートは次回にやりましょう。

上に戻る


Copyright © 2004 NAKANO Takayuki. All rights reserved.