ZipDrive ロードテスト.targz

ZipDrive ロードテスト

この記事は、1995〜96 年当時のものです。まだ HDD の容量は数100MBが主流で、GBクラスの HDD が手に届くようになった頃です。外部記憶装置としても、CD-R、PD, Zip, 640MB MO などいろんな装置があって、どれがメジャーになるか不明な混沌とした状況でした。

しばらくして、Macintosh に Zip 搭載モデルが登場するなど Zip がメジャーになるかと思わせましたが、日本ではメディアが高くて入手困難であることが幸いして、あまり普及しませんでした。

その後、Macintosh に CD-RW が搭載され、大容量メディアの本命というべき DVD が規格化されると、他のメディアは衰退の道を歩んだのは、みなさんもご存知の通りです。

この記事は、ロードテストと銘打っていますが、まだウェブサイトを公開したばかりのもので、文章も記載内容も貧弱で人に読ませるようなものではありません。過去、こういう記事を公開していたという記録の意味で残しておきますが、非常に恥ずかしいばかりです:-)


いま外部記憶装置の市場は混戦状態である。その混戦状態に火をつけたのがIomegaのZipDriveである。3万を切る低価格・HD並に高速・手軽で便利・FD70枚分の容量という他を圧倒する特徴を持って登場した。米国でも品切れ続出で、日本では11月に入ってやっと供給が安定した。


内容見出し

上に戻る


Copyright © 2004 NAKANO Takayuki. All rights reserved.