SoftWindows 使用レポート.targz

SoftWindows 使用レポート

1996-05-22

1996-03-25 より59日使用

お待たせしました。やっとWindows 版Netscape がインストールできました。今回は、SoftWindows でWeb サーフィンしてみることにしましょう。なお、Win 3.1 でインターネット接続する方法がよく分からなかったので、Windows 95 を使用しました。


ネットワークの設定

Windows 95 には、最初からインターネットの接続ができるソフトが付属している。そこで、インターネットにダイヤルアップ接続できるように設定してみた。

まず、SoftWindows のマニュアルを見てみる。MacTCP をインストールしてあれば、Windows からもTCP/IP が使えるようだ。しかし、具体的な設定方法がよく分からない。

そこで、Windows 95のマニュアルを見てみる。「インターネットに接続する」というそのものズバリの記述があった。だが、「オンラインヘルプを見てくれ」と書いてある。

で、オンラインヘルプを見てみるとステップ順にやり方が解説されていた。長ったらしい説明文を解読して、何とか設定することができた。簡単に書けば、次のようになる。

  1. コントロールパネル→アプリケーションの追加と削除→Windows ファイル→通信→詳細の順で選択していき、「ダイヤルアップネットワーク」のチェックを入れてOKをクリック。
  2. Windows 95 のCDを入れるように指示されるのでCDをセットすると、必要なファイルをインストールしてくれる。
  3. コントロールパネル→ネットワーク→追加→プロトコル→追加の順に選択していく。製造元リストから「Microsoft」を選び、プロトコルのリストから「TCP/IP」を選択してOKをクリック。
  4. Windows 95 のCDを入れるように指示されるのでCDをセットすると、必要なファイルをインストールしてくれる。ここで、Windows の再起動を要求される。
  5. コントロールパネル→ネットワーク→TCP/IPと選択していき、「プロパティ」ボタンをクリックする。各種タブをクリックしていって、接続プロバイダの設定にあわせる。よく分からない設定(バインド・ゲートウェイ・WINSとか)は無視してよい。
  6. マイコンピュータ→ダイヤルアップネットワークの順で選択する。ウィザードが起動するので指示に従って接続プロバイダの接続電話番号などを入力する。

これで、設定が完了した。ここでWin95 からインターネットに接続してもいいが、何もソフトがないので面白くない。そこで、Windows 版Netscape を落としてみよう。

上に戻る


Windows 版Netscape を落とす

SoftWindows はいったん終了する。Command-Q で終了すると、次回の起動が早くなる「ターボスタート」が使える。

そして、Macintosh でインターネットに繋げる。そして、適当な FTP サイトに繋げて Windows 版 Netscape 2.01b7[ja] (ファイル名:n32jab7.exe) を落とす。ここで注意しておくことは、ファイル名の末尾が「.exe」のファイルをテキスト形式で落としてはいけない、ということだ。Fetch のデフォルト設定では「n32jab7.exe」をテキスト形式とみなすため、余計な変換作業が行われてファイルが壊れてしまう。「Automatic defaults to Text」のチェックを外しておこう。

無事ダウンロードできたら、インターネットの接続を切る。そして、「n32jab7.exe」を SoftWindows の共有フォルダにコピーする。共有フォルダとは、Macintosh からは一つのフォルダ、Windows からは一つのドライブ (Eドライブなど) に見えるという便利なフォルダである。

再び SoftWindows を起動する。マイコンピュータからEドライブを開くと「n32jab7.exe」が見えるので、Control キーを押しながらドラッグしてCドライブに移動する。あとは「n32jab7.exe」をダブルクリックすれば、インストーラが起動するので、指示に従うとよい。

Netscape のセットアップ画面
(クリックすると実サイズで見られます)

実は、最初に落としたNetscape は壊れていたのでインストーラが起動せず、「不当な命令を実行しました」とかのダイアログがでてしまいました。FTP の設定をテキストファイルにしていたのが原因でした。バイナリファイル設定で転送するのをお忘れなく。

上に戻る


ネットサーフィンする

では、Windows 95 からインターネットに接続してみよう。

マイコンピュータ→ダイヤルアップネットワークの順で選択して、接続プロバイダ (わたしの場合は Kyoto-inet) のアイコンをダブルクリックする。ダイアログがでるのでパスワードを入力して「接続」ボタンをクリックすると接続を開始する。接続に成功したら、Netscape を立ちあげる。たとえば、わたしのホームページは次のように表示される。

ホームページを表示
(クリックすると実サイズで見られます)

ネットサーフィンの場合は、Windows95 でも重いとは思わない。モデム接続による重さに気を取られるためだ。ページのスクロールは結構速い。画面の書き換えは Macintosh の描画ルーチンを使うために速くなっているようだ。でも、MS 明朝があまり美しくないため、ネットサーフィンしていてもつまらない。やっぱり Osaka フォントは美しいと再確認しました。

上に戻る


Copyright © 2004 NAKANO Takayuki. All rights reserved.